エコ家電に今、人気が集まっているようです。省エネタイプの乾燥器は、いろいろな機能を備えています。

消費電力の大きい家電はエコ家電に切り替えよう!
消費電力の大きい家電はエコ家電に切り替えよう!

エコ家電として人気が出てきている乾燥器

最近、ライフスタイルの変化によって、洗濯から乾燥までをやってくれるドラム式洗濯乾燥器の需要が高まっているようですまた、最近では地球温暖化等の環境問題に加え、震災以降による省エネ活動の取り組みにより、エコ家電に対する消費者の意識が高まりつつあります。そのため、省エネ機能の付いた乾燥器が人気だそうです。たとえば、従来のヒーターでの高温乾燥と比べて、電気代や乾燥にかかる時間を約半分にし、乾燥時に使用する水の量がゼロとなるヒートポンプ乾燥を採用したものが出てきています。これは、除湿して加熱した空気を循環させて衣類を乾燥する、まるでエアコンの室外機と室内機が一体化したようなヒートポンプのユニットを搭載しているようです。ほかにも、省エネ性能に特化したものも出てきています。

わたしが、興味を持ったのはヒートポンプの性能を高効率化させ、さらに乾燥するときの衣類の量や布の種類を自動的に判断することができる乾燥器です。これにより、布が傷んでしまうことを減らし、また乾燥の過程で消費される電力の量をぐっと削減できるようです。乾燥器がセンサーによって、自動的に乾燥するときの無駄を省き、節電してくれるのにはとても驚きました。そのほかに、乾燥の方法やドラムの回転などを工夫することで、乾燥にかかる時間や使用する水量をさらに減らそうと努力しているところもあるようです。

わたしの友人も、省エネタイプの乾燥器を持っていますが、乾燥する時間が以前よりも短いので助かっていると話していました。さらに、エコ家電には人気が集まりそうだと思いました。

Recommend

Copyright (C)2017消費電力の大きい家電はエコ家電に切り替えよう!.All rights reserved.